7つの習慣を説明する

養成講座の第1クールの宿題として「7つの習慣」を説明できるようにするというのがあります。

お題
  • 1分間で
  • 1段落で
  • 1センテンスで

ということで下記のように考えてみました。

7つの習慣を説明する

1分間バージョン
 書籍『7つの習慣』はスティーブン・R・コヴィー博士が記したビジネス書としては世界一のベストセラーです。

 

 『7つの習慣』の原題は『The seven habits of highly effective people』です。
著者のコヴィー博士は「successful」ではなく、「effective」を用いました。
つまり『7つの習慣』が追い求めるものは、一時的な成功ではなく、長期的な効果を得るための習慣ということです。

 

 コヴィー博士は「第一の偉大さ」として、優れた人格を持つことを才能に対する社会的評価よりも重要視しています。
この人格主義が説いていることは「実りのある人生には、それを支える基本的な原則があり、それらの原則を体得し、自分自身の人格に取り入れ内面化させて初めて、真の成功、永続的な幸福を得られる」と言うことです。

 

 原則とは「時間を越えて不変であり異論を挟む余地のない、普遍的にして絶対的な法則」のことであり、我々の行動の結果を決めています。
7つの習慣とは、この原則中心のものの見方をするための、依存から自立へ、そして自立から相互依存へと至る「成長の連続体」を導くプロセスです。
1段落バージョン
 7つの習慣とは、一時的ではない長期的な効果を得るための習慣です。原則中心のものの見方をし、依存から自立へ、そして相互依存へと至る「成長の連続体」を導くプロセスを通して、優れた人格を形成するための習慣です。
1センテンスバージョン
 7つの習慣とは、原則中心の生き方を導く「成長の連続体」のプロセスです。

所感

1分バージョンは、たぶん自分の想いも入れたほうが良いんだろうなと思います。

まだ、7つの習慣を実践しているとまでは言えないので、1年後くらいにもう一度書き直してみたいと思います。

 

Today’s Quote !!

実りのある人生には、それを支える基本的な原則があり、それらの原則を体得し、自分自身の人格に取り入れ内面化させて初めて、真の成功、永続的な幸福を得られる
『7つの習慣』p.9-l.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください