養成講座に参加

書籍『7つの習慣』はスティーブン・R・コヴィー博士が記した世界で一番売れているビジネス書です。

企業向けの講習会も世界中で数多く実施されています。

導入実績
  • 全世界で140カ国以上
  • フォーチューン100に入る企業の90%

養成講座とは

今回受講した養成講座とは、一般社団法人 7つの習慣アカデミー協会が主催している7つの習慣・実践会ファシリテーター養成講座です。

これまで企業向けにしか開催されていなかった「7つの習慣」の講習が、世界初しかも日本から個人向けの講座として実施できることになったそうです。

この実践会ファシリテータ養成講座は、この個人向けの講座である「7つの習慣・実践会」を行うことが出来る認定資格講座になります。

 

にしても、正直胡散臭かったですね。

講座が始まる2ヶ月も前からお金を払わなければならず、詐欺だったらどうしようと思っていました。

でも、この週末に無事第1クールが開催され、ひと安心です。

講師陣はいずれも企業向けの講習で10年以上、7つの習慣を教えている方々ばかり。

話される内容も、『7つの習慣』ではこう言っていますと、書籍のページ番号を淀みなく言いながら該当箇所を引用していて「あぁ、本当に読み込んでいるんだなぁ」と素直に感心しました。

また、今回0期、1期生生(私は2期目)も再受講兼サポート役として参加されていました。

講師や先輩方の書籍『7つの習慣』を見てみると、ボロボロで線も引きまくり、付箋貼りまくりな状態で「こりゃぁ、ガチだな」と思いました。

実践会とは

実践会の流れは下記のような感じです。

実践会の流れ
  1. 前の実践会後の実践報告
  2. 7つの習慣』の黙読
  3. 実践ワーク
  4. 次回実践会までに実践することの自己宣誓

書籍『7つの習慣』を12回に分け

12ヶ月を通して1冊全体を読み込み

ワークを通じて自分を深掘りし

1ヶ月の実践を得て身に付け、成長する

これにより、ただ研修に参加して終わりということにはならず、1ヶ月を通して実践する場を得られます。

黙読とワーク、それぞれの後には参加者の気づきをシェアする時間があります。

本を読んだだけでは得られない気づきを参加者同士はもちろんファシリテータも含めて得ることで、お互いに成長できる場でもあります。

そんな場作りを行えるよう、今回養成講座に参加し認定ファシリテータを目指してこれから進んでいきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください