流行り(?)のイラスト動画を体験

先日、ユメカキ☆JAPANさん主催のホワイトボード x イラスト動画術の初級編に行ってきました。

参考 ユメカキJapan

ユメカキJapanさん主催の講座は何回かお世話になっていますが、毎回初心者用にイラストの描き方を教えてくれるので、復習になってよいです。

今回はスマフォのカメラに搭載されているタイムラプス機能を使ってイラストを撮影し、イラスト動画を作る体験会でした。

まずはホワイトボードに描くことになれることから

自己紹介のイラストを先生のリードで描いていきます。

途中、「こうしてみたら?」とか「いいですね」などのフィードバックをもらいながら描いていきます。

完成したのがこちら。

仕事の部分だけ伏せておきますがw

やってみると簡単すぎるくらいなイラスト動画作り

この後、表情の描き分けの練習をして、動画作成に入っていきます。
時間があれば2コマ、3コマのイラスト動画を用意してストーリ仕立てにする感じだったようですが、2時間ではイラストの復習を入れたら1枚が限界ですかね。

題材は先ほど作った自己紹介の絵。
一度描いたことがある方が練習としては良いということでした。
実際にイラスト動画を撮る場合も、一度描いて迷わず描けるようにしておいた方が良いと思いました。

実際にタイムラプスで動画を撮影してみると、ところどころ迷ったり失敗したかな?と思うようなところもいい感じに端折られるので、多少失敗しても問題はありませんでした。

想像していたよりも簡単にできたので、7つの習慣やNLPの話をする時の理解の助けとして利用するのもいいかなと思っています。

作成した動画がこちら

イラスト動画作りで使用したもの

今回の動画作成で使用したものをあげておきます。
と言っても、ホワイトボードとマーカーは何を使ってもなので置いておいて、スマフォを固定するスタンドだけ参考に載せておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] 【お買い得品】スマートフォン用 クリップスタンド G-SCS 【 便利アイテム | その他メーカー 】
価格:780円(税込、送料別) (2019/7/27時点)

柔軟にネックが曲がる分、机が揺れると免振建物が如くスマフォが揺れます。
また、ホワイトボードも描いているうちに動いちゃったりするので、両面テープか何かで固定できるといいかもしれません。
ただ、完成した動画を見てわかる通り、早送りされているのでさほど気にならないかもしれませんが。

また、これも見てわかると思いますが蛍光灯の光が映り込んでしまっています。
以下のスタンドを使えば、もしかしたら映り込みもなくなるのかなぁと、ちょっと気になっています。(手の影はなくなると書かれてはありますが)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] バルミューダ【BALMUDA】バルミューダ ザ・ライト The Ligh(ホワイト) L01A-WH★【L01AWH】
価格:36,300円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)

今回編集については時間の関係もあり iMovie を使った編集の仕方をデモで見せてもらうだけでした。

また、以下については今後開催される本講座では基礎的なことに加えて学べるようです。

  1. 目的に向けた「設計図」をつくる
  2. 「シナリオ」を作成する
  3. 「絵コンテ」をつくる
  4. ホワボ動画を「撮影」する
  5. ホワボ動画を「編集」する
  6. 解説音声(ナレーション)を収録する
  7. BGMを入れ・字幕(キャプション)を挿入する

本格的にイラスト動画を学べる内容になっていそうですね。

ご興味のある方はユメカキJapanさんにお問い合わせ下さい。
参考 講座開催情報ユメカキJapan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください