7つの習慣・実践会 参加者募集中

職業「自分」という生き方

お正月に
芸能人格付けチェックを
観ていて妻が

「YOSHIKIは
いいもの
をいっぱい食べているのに
太らない」

と言ったことに対して

職業YOSHIKIだからね

と答えました。
太ったYOSHIKIは
YOSHIKIじゃないよねと。

同じように

YOSHIKIの英語は上手だね

と息子。
あんだけカッコつけてて
カタカナ英語だったら
ダサいでしょと答えました。

なんでも
YOSHIKIだからね
で片付けてしまいましたが
考えてみると
YOSHIKIは
世の中のYOSHIKI像を
裏切らないために
多大な努力をしているんだろうなぁ。

理想のあの人になるモデリング

モデリングという
NLPの技術があります。
理想とする人や
やりたいことを上手くできている人の
立ち居振る舞いや
話し方などを
真似して
その人になりきります。

そうして
その人の何が
自分との違いを
生み出しているのかに気づき
必要なリソースを
手に入れるというものです。

不思議なことに
その人になりきって
行動していると
その人が
どう考えているのかまで
わかってきます。

YOSHIKIが
「YOSHIKIとはかくあるべき」
と考えながら
生活をしているかは
わかりません。

しかし

私とはかくあるべき

と考えながら
生活することには
モデリングの効果からも
意味があるのではと思います。

理想のあなたを言葉にする

理想とする自分は
こういう立ち居振る舞いをしている
こういう話し方をしている
こういう考えを持っている
などなど。

理想の自分とまでは行かずとも
もっと日常的なことで
こういう体型でいたいとか
こういう習慣を持ちたいとか
人前で緊張したくないなど
こうありたいという想いでも
良いでしょう。

あなたが
今変えたいと思っていることは
何ですか?

それがどうなったら
嬉しいですか?

そうなったあなたは
何を見て
何を聞いていて
どんな気持ちになっていますか?

そして
どんな話し方をしていて
どんな行動をしているでしょうか?

頭の中でイメージできたら
そのイメージ通りに
身体を動かして
話してみましょう。

違和感があれば
それを感じなくなるまで
微調整しながら
身体を動かしてみましょう。

あぁ、これがしっくりくるな
と感じられたら
これからは
その通りに生きてみましょう。

職業「自分」を生きる

理想とするあなたを生きる。
それには
YOSHIKIと同じように
多大な努力が必要でしょう。
(YOSHIKIが努力しているかは不明ですが)
しかし、それが
あなたをあなたにします。

職業「自分」という生き方を
選んだとき
あなたの理想の姿を
演じること
その役のために
コンディションを整えることが
あなたの大切なお仕事になります。

いきなり
大きな理想像を
描いてもいいですし
ちょっとしたことを
少しずつ
積み重ねて行っても
良いです。

あなたは今日
昨日とは違う
どんなあなたを演じますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください