英文をもっと読めるようになるためにTORAELを受講

「たった2日間でウォールストリートジャーナルが読めるようになる」というTORAELを受講しました。

参考 TORAELビジネス英語特訓最速理論で、世界をとらえる。TORAEL

英文を3色ボールペンで色分けして構造を見える化することで、難しいニュース英語も読めるようになるというものです。

実際の特訓コースは丸2日間英文を読みまくるのですが、2日連続で日程を空けられなかったのでWeb受講にしました。
2週間くらいかけて、毎日1~2時間、講座の動画を見ながら英文を読んでいきました。

講座の中では、文法的な構文解析だけでなく、カンマの意味や使い方、頭から訳すための前置詞や接続詞の訳し方などを教えてくれます。

講座の前後で読解スピードを図るのですが、大体2倍くらいになりました。

WPM (Word Per Minute)
  • 受講前:40wpm
  • 受講後:84wpm

講師の竹末氏曰く、

2日間の講座を終えた段階では、プールで25mをなんとか泳げるようになったくらい。
1日15分でいいので、継続して構文解析をしていくと、洋書などもスラスラ読めるようになる。

先生

とのこと。

ということで早速、Wall Street Jounal を申し込みました。
3か月はお試し期間でほとんどお金もかからないので、やってみてやっぱり辛かったら辞めるかもしれません。
しかし、3か月は毎日リードセンテンスくらいはいくつか読んでみて、受講の効果を測ってみたいと思います。

 

Today’s Quote !!

優れた古典文学や自伝、文化的な視野を広げてくれる良質の雑誌、現代の多様な分野の書籍を読むことによって、自分のパラダイムが広がり、知性の刃を研ぐことができる。『7つの習慣』p.438-l.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください