実践記:傾聴から主体性を促してみた。

先日部下から人間関係に悩んでいるとの相談を受けました。

相談があると言われた時には

Hiro

まず理解に徹する訓練をする好機だ

と思いました。w
その場で解決することを目的とせず、まずは何に悩んでいるのかを徹底して理解しようと。

2つ悩み事があったのですが、そのうちの1つが対人関係について。

自分はこう見られていて、こういう扱いを受けている

部下

というもの。
7つの習慣の教えを守り、相手がこちらの話を聴くモードになるまで、相手の話を繰り返したり、あいまいな言葉を確認したりしました。

息子が論理的に反応している間は、効果的に質問し、助言を与えることができる。しかし感情的な反応を見せたら、共感して聴く姿勢に戻らなければならない。
『7つの習慣』p.364-l.6

アドバイスを求められたので彼に話したことは以下のようなこと。

  • 君が彼をどう見ているかが、彼の君への行動に現れること
  • 彼が君をどう見ているかも、君の行動に影響を与えていること
  • どちらが悪いかではなく、両方がお互いの見方を変える必要がある

現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長していくだろう
『7つの習慣』p.447-l.11

そして

  • 他人を変えることは本質的にはできないので、彼が変わるのは期待して待つしかない
  • でも、君が変わることは君の意志で今からでもできる
  • 君が変わるために何ができるかは一緒に考えてあげられる

どんな問題でも、それを解決する第一歩は私たち自身が踏み出さなくてはならない。
『7つの習慣』p.101-l.8

彼に何かアプローチをした方がいいか?と尋ねたところ、今はいいということだったので、しばらく様子を見ようと思います。


これを英語でやらなければいけないのが、また辛いんですけどね。
つたない英語でちゃんと意図が伝わったのかは、、、不明。

 

Today’s Quote !!

相手を理解する努力なら、いつでもできる。これならば、あなたの力でどうにかできる。
『7つの習慣』p.375-l.7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください