どんなエネルギーを言葉に載せるか

「類は友を呼ぶ」
という言葉があります。

自分に似た人や
気の合う仲間は
自然に集まる
という意味です。

最近
あなたの周りに
嫌な人や出来事が
多いなぁと思ったり
していませんか?

それは
あなたの周りが
ネガティブなエネルギーで
満たされているから
かもしれません。

私たちは
自分の周りが
ネガティブなエネルギーで
満たされていると
ネガティブな人や出来事を
引き寄せてしまいます。

まさに
「類は友を呼ぶ」
です。

ラジオの周波数を合わせるが如く、得たい状況に自分をチューニングする

人は1日に
4~6万回の
セルフトークをするそうです。

そして
その8割は
ネガティブなセルフトーク
という研究があるそうです。

これは
その人がネガティブな人
というわけではなく
危険から身を守るための
生存本能ということです。

ついつい
ネガティブな発言を
してしまったり
ネガティブなことを
考えてしまうのは
当たり前なことなのです。

私たちは
放っておいても
3万~4万回も
ネガティブなセルフトークを
してしまいます。

なので、せめて
自分の口から
意識的に発する言葉くらいは
ポジティブなものに
したいものです。

それでも、もし
ネガティブなことを
口にしてしまったら

「な~んちゃって」

と否定してしまいましょう。

日に4万回近くも
ネガティブなセルフトークを
本能的にしていれば
口にすることすべてを
ポジティブに限るなんてできません。

ついつい口にしてしまったときは

「な~んちゃって」と

今のナシねと
無意識に伝えてあげましょう。

そして
すでに周囲に
貯まってしまった
ネガティブなエネルギーは
ぐるぐるワークで
お掃除しましょう。

感情の箱にスペースを作る「ぐるぐるワーク」

新しいエネルギーを
取り入れるには
古いエネルギーを
手放さなければなりません。

ぐるぐるワークを
定期的に行うことで
ポジティブなエネルギーが
入る場所を作りましょう。

エネルギーは
その発信源が
一番大きなエネルギーを
持っています。
そして
発信源から離れるほどに
小さくなっていきます。

あなたが
ネガティブなことを
誰かに言ったとき
そのネガティブなエネルギーが
一番強い場所は
他でもない
あなたの周りになります。

繰り返し
ネガティブなことを
口にしたり
伝わらなかったと思って
声を大きくすると
あなたの周りの
ネガティブなエネルギーが
増幅していきます。

同様に
ポジティブなことを
口にすれば
相手に与えた以上の
ポジティブなエネルギーが
あなたの周りに蓄積されます。

「情けは人の為ならず」

誰かを
褒めたり
認めたり
ねぎらったり
愛を語る
あなたの周りに
一番多くの
ポジティブなエネルギーが
発生するのです。

何を意図して
言葉を発するかを
意識しましょう。

もしかしたら
これまでは無意識に
ネガティブなことを
発してしまっていた
かもしれません。

それはそれで
もう取り戻せない過去なので
良いでしょう。

しかし
未来は過去の延長線上である必要はありません。

自分の周りを
ポジティブなエネルギーで
満たすために
ぜひ意識して
ポジティブな言葉を
口にしましょう。

あなたは今日
どんな言葉で
あなたの周りを
満たしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください